メニュー

オステオパシー Osteopathy

■オステオパシーとは ■当院のオステオパシーアプローチ   ■施術にあたってのQ&A

オステオパシーとは

1874 年にアメリカ人医師、アンドリュー・テイラー・スティル博士によって提唱された施術法です。日本では「整骨療法」と呼ばれていたこともあります。

ただし、骨のみを調整するのではなく、「身体はひとつのユニットである」という考えのもと、骨格や筋肉などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、消化器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系などあらゆる器官に対し、手技による働きかけを行い心身のバランスを整えていきます。

人間の「自然治癒力」を低下させている原因を追究することに重点を置いているのが特徴です。

YORIKO Clinic x Osteopathy  ogo

オステオパシーは、WHO も認めた安全で効果的な代替医療とされており、消化吸収や排泄の機能に働きかける手技は、乳幼児の治療にも適しているといわれています。
アメリカやイギリス、フランスでは国家資格も設けられており、乳幼児の不調には薬を使う前にオステオパシーを受ける、というようなことも浸透しつつあります。

 

当院のオステオパシーアプローチ

オステオパシーを礎にして【触れる】という事に重点を置いて施術をします。人間の身体は強い刺激に対し、無意識に力が入ってしまい抵抗します。弱い力で触れれば触れるほど抵抗は少なく、体の力は抜けているため、その状態で身体全体の動きを見ます。
人の身体は常に動いています。皮膚、血管やリンパ管、神経などの間接的なつながりをたどることにより、心臓の拍動、呼吸、血管を流れる血液など、頭の先から手足の先までの動きを【触れる】ことで感じとるができます。
肉体(皮膚、筋肉、骨など)、液体(血液、リンパ、脳脊髄液)、エネルギー(振動、波動)をそれぞれ感じ分けることで、身体のどの場所にどんな問題があるのか、どこが健康なのかを探ります。

私の手を介し、ご自身に「健やかな働き」を取り戻してもらうことで、本来持っている自然治癒力を活性化させていきます。
施術中には私が触れている場所とご自分の身体の動いている場所が違うことを感じ、全身の血行の変化を体感することと思います。是非、一度お試しくださいYORIKO Clinic x Osteopathy logo2

理学療法士, オステオパス  井上浩文

施術にあたってのQ&A

Q. どのような服装が良いですか?
A. 動きやすい服装でお願い致します。基本的に横になっているだけですが、身体を締め付ける服装では 身体の動きが制限されてしまうことがあります。

Q. 一回の施術で治りますか?
A. 一回で大きく改善する方も多くいらっしゃいます。施術の効き方は個々で時々により異なり、 ご自身がお持ちの自然治癒力が高まり、日を追うごとに改善していく効き方のときもあります。 慢性的な症状や状態の場合、改善にはより長い期間や再度の施術を要することもあるとお考えください。

Q. どのくらいの頻度で受ければ良いですか?
A. 自然治癒力が高まると日々状態が変化していくため、基本的には施術後1カ月は空けます。 状態によっては即日再施術することもありますが、通常は最低2週間は空けてからがよいでしょう。

Q. 施術後すぐに運動しても良いですか?
A. 施術後2~3日は特に身体の変化が大きいので、なるべく激しい運動は行わないようにしてください。

Q. 施術後に気をつけることはありますか?
A. 普段よりも水をたくさん飲むことを心がけてください。できれば、いい水を。白湯でもいいですね。 施術後は身体の中の血流が変化しており老廃物も体の中を移動しやすくなっていると思われます。 水を多く摂ることで老廃物が体外へ排出され、いわゆるデトックスが促進されます。

Q. 施術後に体調が悪くなることがありますか。
A. 身体の中に溜まっていた老廃物が移動しやすくなる影響で全身が重だるくなったり、 頭などが痛くなったりすることがあります。人によっては2、3日続く場合もありますが、 逆に全く無い方もいます。
不安や不調を感じられましたら、遠慮なくご連絡ください。Yoroko Clinic x Osteopathy room1

Yoroko Clinic x Osteopathy Chirashi

(配布資料/A4サイズ用)

ご予約案内 (ここをクリック)

お問い合わせ (ここをクリック)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME