メニュー

オステオパシー Osteopathy

オステオパシーとは

1874 年にアメリカ人医師、アンドリュー・テイラー・スティル博士によって提唱された施術法です。日本では「整骨療法」と呼ばれていたこともあります。ただし、骨のみを調整するのではなく、「身体はひとつのユニットである」という考えのもと、骨格や筋肉などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、消化器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系などあらゆる器官に対し、手技による働きかけを行い身体のバランスを整えていきます。YORIKO Clinic x Osteopathy  ogo
人間の「自然治癒力」を低下させている原因を追究することに重点を置いているのが特徴です。
オステオパシーは、WHO も認めた安全で効果的な代替医療とされており、消化吸収や排泄の機能に働きかける手技は、乳幼児の治療にも適しているといわれています。
アメリカやイギリス、フランスでは国家資格も設けられており、乳幼児の不調には薬を使う前にオステオパシーを受けることも浸透しつつあります。

 

当院のオステオパシーアプローチ

オステオパシーを礎にして【触れる】という事に重点を置いて施術をします。人間の身体は強い刺激に対し、無意識に力が入ってしまい抵抗します。弱い力で触れれば触れるほど抵抗は少なく、体の力は抜けているため、その状態で身体全体の動きを見ます。
人の身体は常に動いています。皮膚、血管やリンパ管、神経などの間接的なつながりをたどることにより、心臓の拍動、呼吸、血管を流れる血液など、頭の先から手足の先までの動きを【触れる】ことで感じとるができます。
肉体(皮膚、筋肉、骨など)、液体(血液、リンパ、脳脊髄液)、エネルギー(振動、波動)をそれぞれ感じ分けることで、身体のどの場所にどんな問題があるのか、どこが健康なのかを探ります。

私の手を介し、ご自身に「健やかな働き」を取り戻してもらうことで、本来持っている自然治癒力を活性化させていきます。
施術中には私が触れている場所とご自分の身体の動いている場所が違うことを感じ、全身の血行の変化を体感することと思います。是非、一度お試しください。

理学療法士, オステオパス  井上浩文

 

YORIKO Clinic Osteopathy Logo

 

ご予約

お問い合わせ

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME